So-net無料ブログ作成

浮気調査や人探しなどを行う”探偵”になるには公的資格はいるの?

とくに男性にとって、探偵って一度はやってみたい職業じゃないでしょうかね。

探偵物語とか映画やドラマのイメージが強いからかもしれないけど。

結論からいうと、探偵になるために必要な資格はありません。

ある意味、いつでも自分は探偵だと名乗って、開業届をだせば探偵事務所や興信所として仕事ができちゃうわけですね。

もちろん依頼者がいなければ、仕事にはなりませんが。

そんなこともあって、いま全国で6000社以上の探偵事務所があるそうですが(それも驚きですね!)、そのうちの9割が個人事務所だそうです。

なかには、違法行為を行ったり、高額な料金を請求したりと、悪質な探偵事務所もあるみたいなので気をつけないといけないですね。

やっぱり浮気調査などを頼むなら、テレビで有名な、原一探偵事務所やアイヴィサービスなどの大手事務所に依頼したほうがいいでしょう。

ちなみに、浮気調査を探偵に依頼した後クーリングオフもできるって知ってましたか。

探偵事務所の営業所以外の、例えば自宅や喫茶店などで契約した場合、8日以内であればクーリングオフの対象となります。

一応覚えておいたほうがいいと思いますよ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

どれをとればいいの?民間資格?国家資格?公的資格? [資格]

公的資格、民間資格、国家資格について思うことを書いてみますね。

公的資格は国家資格のように資格取得証明書がないと仕事に就けないといった職業に直結するものではないようですが、信用度は高く、高度な知識や実務経験スキルが求められるものも多くなっているのです。

秘書技能検定や簿記などがあるのです。パソコンを使用する人にとって、資格はあっても邪魔にならないものだと思うのです。もちろん資格が無くても仕事上は全く支障はないようですが、ご自分のスキルアップの為に、スクールなどできちんと勉強して資格を取得するのもいい方法だと思うのです。

行政書士は国家資格で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行うのです。

規制緩和によって公的資格から民間資格に移行されたものもあるのです。民間の企業や団体が独自に実施し、認定する資格となっているのです。

MCP資格を保持している人は、プログラマーやトレーナー、システムエンジニアやシステムインテグレータなどの職業に就く人が多いのです。

どちらかというと日常パソコンを使用して仕事をしている人が目指す資格となっているのです。民間資格はTOEICのように社会的評価が高い資格もあるのです。

ただ、資格によって評価にはかなりの差があるようですので、資格取得前にそれを判断することが大切になってくるのです。MCPはMCPプログラムをクリアすることによって取得することができるようですので、MCPプログラムは日本やアメリカをはじめとして、世界中どこでも実施されているのです。

資格を取得したものは連合会に加盟し、個々人で仕事を行うのです。

仕事以外に、資格をもっている人がつけられる行政書士バッジにあこがれて資格を取得しようとする人も少なくないのです。

この資格をとるにあたって、受験資格は特に定められていないのです。

通称ケアマネージャー試験と呼ばれる試験の正式な名称は介護支援専門員実務研修受講試験なのです。ケアマネージャーの業務に関し、基礎的知識及び技能があるかを確認することを目的として行われているのです。

試験方法はペーパテストではなく、試験会場に用意されたパソコン端末による実技試験となっているのです。そのため、試験勉強も異なってくるのです。
nice!(0)  コメント(94)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。